スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎秀範、Rico&おのぐちつよし ありがとうございました。

今回は私にとって特別なライブでした。
ちょうど3年前に、私が始めてボサノバライブに出演した頃からの仲間である、岡崎君と、
そして私がバルキーニョに始めて出演したときにタイバンだったRicoさんとのライブ。
久々に2人あえて楽しかった!
そして、来ていただいたお客様はほとんどが共通の知り合いだったりして、
暖かい空気に包まれながらの演奏になりました。
とても、うれしかったです。
本当に、来ていただいてありがとうございました!

実はRicoさんとは初共演で、実際に歌とギターをあわせたのは今回が初めてでした。
でも、以前から知っている歌声だったので違和感なく、お客様からも
「良く合ってる、前から組んでいたみたい。初めてとは思えない。」
という感想をいただきました
早速、第2回もやろうという話になり、早ければ年明けすぐに出来たらいいななんて思ってます。
みなさん、是非また遊びにいらしてくださいませ~



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

心地よい音

本当に何年も一緒にやっている空気が漂っていて聴いていて安らぐお二人の演奏。生で聴きたかったな~。
何よりも素晴らしいのは心から音に寄り添い楽しそうに演奏している姿。
あくまでも主観だけど、音楽は苦しみながらやるものではなくて心を開放してやるほうがいいですね。
ぐっちぃのリラックスして弾いている姿がとても素敵ですよ♪

Re: 心地よい音

ありがとう♪
これからも楽しんでやって行きましょう~。

> 本当に何年も一緒にやっている空気が漂っていて聴いていて安らぐお二人の演奏。生で聴きたかったな~。
> 何よりも素晴らしいのは心から音に寄り添い楽しそうに演奏している姿。
> あくまでも主観だけど、音楽は苦しみながらやるものではなくて心を開放してやるほうがいいですね。
> ぐっちぃのリラックスして弾いている姿がとても素敵ですよ♪
最新記事
カテゴリ
プロフィール

bossagucci

Author:bossagucci

Periquito ミニアルバムPV

_MG_2567_R.jpg
(おのぐちつよしプロフィール)
主に都内で活動中の埼玉県越谷市在住のギタリスト。
13歳の時に独学でエレキギターを始め、17歳の頃よりオリジナルソングを弾き語るようになる。フィンガーピッキングを得意とし、カントリーブルースやラグタイムなどのソロギターも演奏するようになるが、18歳の時にバーデン・パウエルのCDを聴き感動し、ボサノバギターを演奏するようになる。
1996年~1998年 パン・スクール・オブ・ミュージックにて岡村誠史氏に7弦ジャズギターを師事。同時期、畑上良文氏にクラシックギターを師事。
主に、歌とギターのデュオで演奏活動を行うようになる。
2011年より Bossa Aoyamaに毎年出演中。
韓国ブラジル音楽コンテストグランプリのPrimaveraや、準グランプリのNa Vidaとの交流もあり、2013年には韓国ソウルにて行われたONLY BRAZiLにてボーカリストNina Yooと共演。クラシックギターの技巧とジャズのコードソロを取り入れた演奏は韓国のボサノバファンからも好評を得た。

YOUTUBEで演奏の模様を御覧いただけます。

http://www.youtube.com/user/nemutaihaku

月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。