スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北千住Cub ボサノバナイト限定カクテル

昨日はChie Umezawa さんの The last showを観てきました。
ギターは笹子さん。笹子さんのギターは音源などでよく聴いていましたが、
初めて生演奏を聞けて感動しました。
Chieさんの歌も良かった。またプラッサでやってほしいな~。

そしてそのあとは北千住Cubへ。
3月17日に予定しているボサノバナイトでカイピリーニャを出して欲しいとリクエストしたら、
作ってくれるということで、試作品の味見にいきました。

よくあるカイピリーニャのレシピだと、
ライムを皮のままつぶして、
カシャーサとクラッシュアイスで作りますが、
砂糖をいっぱいいれて、甘くするので、
果汁の渋みと強い癖のある酒だっていう感じがしないです。

ところが、
Cubのマスターは丁寧にライムの果汁を絞って、皮の渋みが出ないようにしているので、
ライム果汁たっぷりの白い色のカイピになりました。ホワイト・カイピリーニャと言ってもいいかな。
いつも良く飲む感じとは違ったCubオリジナルの味は、
甘さ控えめでスッキリとしたカクテルになってます。
当日はガンガン注文してくれるとうれしいです!

3月17日はReiqoさん、岡崎秀範さんも出演予定です。
私は福島出身、浜松在住の歌姫Ricoさんとデュオで演奏予定です。

DSCF5120.jpg


ソーセージもおいしいです。
DSCF5121.jpg

カルトーラのLPもかけてもらって、
思いっきりブラジル気分を味わえました。
DSCF5124.jpgDSCF5123.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

bossagucci

Author:bossagucci

Periquito ミニアルバムPV

_MG_2567_R.jpg
(おのぐちつよしプロフィール)
主に都内で活動中の埼玉県越谷市在住のギタリスト。
13歳の時に独学でエレキギターを始め、17歳の頃よりオリジナルソングを弾き語るようになる。フィンガーピッキングを得意とし、カントリーブルースやラグタイムなどのソロギターも演奏するようになるが、18歳の時にバーデン・パウエルのCDを聴き感動し、ボサノバギターを演奏するようになる。
1996年~1998年 パン・スクール・オブ・ミュージックにて岡村誠史氏に7弦ジャズギターを師事。同時期、畑上良文氏にクラシックギターを師事。
主に、歌とギターのデュオで演奏活動を行うようになる。
2011年より Bossa Aoyamaに毎年出演中。
韓国ブラジル音楽コンテストグランプリのPrimaveraや、準グランプリのNa Vidaとの交流もあり、2013年には韓国ソウルにて行われたONLY BRAZiLにてボーカリストNina Yooと共演。クラシックギターの技巧とジャズのコードソロを取り入れた演奏は韓国のボサノバファンからも好評を得た。

YOUTUBEで演奏の模様を御覧いただけます。

http://www.youtube.com/user/nemutaihaku

月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。